ヒトメディア、物流の自動化実現を目指し、無人の自動配送ロボットの開発を行う「株式会社Hakobot」への出資を完了

ニュース投資先情報 Jul 11, 2018
hakobotイメージ
株式会社ヒトメディア(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田正康、以下:ヒトメディア)は、自動運転技術を駆使した配送ロボットの開発を行い、迅速な市場への導入を目指す株式会社Hakobot(宮崎県宮崎市、代表取締役:鶴田真也、以下Hakobot)に対し、出資が完了したことをご報告いたします。

 

Hakobotは、ヒトメディアの他、SNS media&consulting(東京都港区、代表取締役:高崎博之)、個人投資家からの共同出資により2018年5月に設立され、アドバイザーとしてロケット事業も手がける堀江貴文氏が就任しました。

◉Hakobot設立への想い

自動運転技術の発達により、完全自動運転自動車の実現も現実的なものとなってきました。Hakobotはその自動運転技術を利用して、陸上を走る無人の自動配送ロボットを開発中です。

 

運送業界で注目されている、人手不足や労働環境問題の解消、ロボットの導入による業務の効率化を目指して、Hakobotは、これから様々な問題が顕在化してくる「地方」に会社を設立しました。

 

すでに、海外では無人自動配送ロボットの開発が行われており、2018年末までに1000台の導入を目指し、20億円以上の資金調達に成功している企業も存在します。さらに、公道を走行し、フードデリバリーの実験を行なっている様子なども見受けられますが、日本ではまだこの分野に取り組んでいる企業は少ないのが現状です。

 

Hakobotでは、日本におけるラストワンマイルを埋めるロボットの早期開発、早期の市場参入を目指し開発に取り組んでいきます。

hakobotイメージ

自動配送ロボットのイメージ図。

hakobotイメージ

カメラやセンサーなどによって人物や障害物などを認識しながら運転を行います。

◉今後の展開

Hakobotが開発する自動配送ロボットには、GPSなどの位置情報を元に自分の位置を認識、センサーや画像認識などにより周囲を把握する機能を盛り込み、様々なデータの収集やあらゆる環境・場面においても正常に動作することを目指しています。
試作品が完成次第、環境の異なる様々な場所で実証実験を行なっていく予定です。

◉アドバイザー紹介

堀江氏画像

堀江貴文氏

実業家。株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッジ(後の株式会社ライブドア)を起業。2000年東証マザーズ上場。現在はロケットエンジンの開発や、グルメグルメアプリ「テリヤキ」、コミュニケーションアプリコミュニケーションアプリ「755」のプロデュース、また予防医療普及協会として活動するなど幅広く活躍。

◉会社概要

株式会社Hakobot

名称 株式会社Hakobot(ハコボット)
設立 2018年5月
代表者 代表取締役社長 鶴田真也
所在地 宮崎県宮崎市高千穂通一丁目6番地13 702号
事業内容 自動運転技術を駆使した配送ロボットの開発
連絡先 実証実験・技術提供などに関するお問い合わせ
Mail : info@hakobot.com
お問い合わせ
記事一覧へ